洋裁とは?最初に把握しておきたい洋裁基礎知識(作成編4+材料編3)【説明図解あり】

洋服を作る時に<最初にこれだけは最低限知っておいて欲しい内容>をまとめました。これは私が洋裁教室に来る洋裁初心者の生徒さんに、最初に教える内容でもあります。

具体的な縫い方の順序説明は又別ページです(初心者実技)。
ここで全体の流れを把握してくださいね。

洋服基礎1・作成に関しての基礎知識4編

洋服作成手順(作業順番)

1・どういうデザインの服を作りたいのか?を決める

2・型紙(パターン)を用意・作成  市販のものを使うか、自作するか

3・布や付属材料・糸などを購入

4・布の地直し

5・仮裁断 型紙の縫い代に、仮縫い用に多めに縫い代をつけて裁断する

6・仮縫い ← ここが一番大事な作業

7・型紙の修正

8・本裁断

9・縫製

作る時の大前提ですが、作りたいものの概要が決まりパターン型を用意してから、材料を集めます。
布好きにありがちですが、先に布を買うのはやめましょう。
すでにある材料から発想して服を作るのは、ある程度洋服を作ることに慣れてから。
初心者の方にはハードルが高いので、上記の順番で作ります。

【完全図解】服パーツ名称+洋服パターン型指示について

洋裁本や型紙の内容を理解するために、【各パーツ名称・基本用語】を覚えましょう。
プラモデルのパーツを組み立てるように考えると、分かりやすいと思います。
最低限この名称を知らないと、作り方ページの内容が全く分からないと思いますので、頑張って覚えて下さいね。

服パーツの名称

・前身頃(まえみごろ)=体の前側のパーツ

・後ろ身頃(うしろみごろ)=体の後ろ側のパーツ

・袖

・襟

・カフス

・見返し=布の端をまとめる為に「服の内側」に縫い付けるパーツ部分

・股上 / 股下

・肩山 / 肩線

・袖山 / 袖ぐり / 袖下

・裾 / 裾線

・脇 / 脇線

・襟ぐり / 襟付け線

・ウエスト

・ベルト

洋服パターンの名称

・布目線=矢印で書き込みます。矢印の方向が布の縦目になります

・仕上がり線

・縫い代

・前中心(C.F) / 後ろ中心(C.B)

・ダーツ=ウエストやバスト下など、布が余る場所をつまんで縫い合わせる場所

・タック

・ギャザー

・合印=曲線同士の型紙を縫い合わせる場所確認の為に入れる印。
*袖ぐり(中間の部分・肩山)・襟(肩線と合う所・後ろ中心)
*脇線が長い場合は1~2箇所に必要に応じて入れる

洋服縫製順序(大枠)

ざくっと大まかな説明です。
布の縫い代始末・ファスナーやボタンつけ・ポケットに関して省略しています。

トップス(上半身)の服縫い合わせ順序は、袖の形状によって二つのタイプに大別。
<シャツスリーブ>又は<セットインスリーブ>です。

ボトムス(下半身)の服縫い合わせ順序は、<スカート>とパンツ二種<スラックス><ワークパンツ>に大別しました。

トップス1・シャツスリーブの縫製順序

<袖山が低いタイプ>シャツの縫い順序です。
カッターシャツ・Tシャツ・カジュアルなブラウスなど。ラグラン袖も同じ。
平らに置いた時に袖の幅が比較的あり、運動量が多い(動きやすい)のが特徴です。

シャツスリーブの場合、

1・前後身頃を肩縫い合わせ→袖を身頃に縫い合わせます。
2・次に袖下から脇線を、一続きで縫い合わせます。
3・襟付けと袖口と裾線の始末をします。

トップス2・セットインスリーブの縫製順序

洋裁初心者ガイド(洋裁教室コモノ)

<袖山が高いタイプ>ジャケットの縫い順序です。
制服やスーツ、かっちりしたコートなど。
シャツスリーブと違い、運動量はそんなにありません。

セットインスリーブの場合、

1・前後身頃の肩・脇線は先に縫い合わせます。袖も先に筒状にします。
2・その後、袖口をぐるっと縫い合わせ胴体に袖を取り付けます。
3・襟つけと袖口と裾の始末をします。

ボトムス1・スカートの縫製順序

洋裁初心者ガイド(洋裁教室コモノ)

ウエストがベルトの場合で説明をします。

1・ダーツを先に縫います。
2・次に、前後身頃の脇を縫います。ベルトも本体取り付け部分以外は縫います。
3・ベルトと前後身頃を縫い合わせ、裾の始末をします。

ボトムス2・ズボン(スラックス)の縫製順序

洋裁初心者ガイド(洋裁教室コモノ)

ウエストがベルトの場合で説明をします。

1・ダーツを先に縫います。
2・次に、左右の股下を縫い合わせ、筒状にします。
ベルトも本体取り付け部分以外は縫います。
3・股上を縫い合わせます。
4・ベルトとズボン本体部分を縫い合わせ、裾の始末をします。

ボトムス3・ズボン(ワークパンツ)の縫製順序

洋裁初心者ガイド(洋裁教室コモノ)

ウエストがベルトの場合で説明をします。

1・ダーツを先に縫います。
2・股上を、前中心・後ろ中心でそれぞれ縫い合わせます。
ベルトも本体取り付け部分以外は縫います。
3・前後ズボン部分の両脇を縫います。
4・股下を縫い合わせます。
5・ベルトとズボン本体部分を縫い合わせ、裾の始末をします。

洋裁初心者おすすめの学習のすすめ方

もっとも原始的な作りの服は、<布・糸・針・鋏> があれば出来ます。

最初は部分縫いの技術が要らない服を数枚縫って、服作りに慣れましょう。

1・襟無し
2・襟の開き始末なし(そのまま被って着られる襟ぐりが大きいもの)
3・ポケットなし
4・ダーツなし
5・ファスナー不要のウエストゴム
6・袖カフスなし

上記1~6の条件のデザインの服を作成して、なれてきたら一つずつ部分縫い技法が入ったものにバージョンアップさせていくのがおすすめです。

洋裁基礎2・材料に関する基礎知識3編

布扱い基礎知識(布目方向について)

洋裁初心者ガイド(洋裁教室コモノ)

 

・布には、「布目方向」というものがあり、<タテ目><ヨコ目><バイアス(バイヤス)>があります(フェルト等、不織布は除く)。布の端(耳という)に平行の方向を<タテ目>といい、それに直角の方向が<ヨコ目>45度の方向を<正バイアス>と呼びます。

・基本はパターン型を布目の<タテ目>方向にあわせて裁断します。布の<正バイアス>は伸縮性が出る方向なので、縫い伸びてしまわないように注意して縫製します。この性質を利用してリボン状に裁断し、バイアステープを作成して縁取りの始末の時に利用します。

洋裁初心者向きの布の種類

布は「織り方」「素材」で多様な種類の物があります。その中で「織り方」は一番単純な「平織り」で、中肉の天然繊維(綿や綿麻)の布。それが比較的技術が無くても作りやすいので、おすすめです。

極端に薄手だったり、ジーンズのように厚手だったり、動きのあるニット生地、化繊のツルツルしたものは縫うのが難しいです。大きなプリント柄だったり、チェック(格子)柄の布は、柄あわせがあるのでさらに一手間かかります。最初は柄なし無地の物がいいでしょう。

シーチング・カラーシーチング(綿の薄手のコットン布)は、トワル作成(洋服の立体型見本)用です。型紙作成用の製図用紙と同じ位置づけです。見る人が見ると分かってしまうので、実際に着用する服で使用するのはオススメしません。

最初に揃えたい道具

糸切鋏(いときりばさみ)

待ち針

手縫い針

指貫(ゆびぬき)

裁ち鋏 又は 布用円カッター+カッターマット

型紙を切る用の紙バサミ 又は カッター+カッターマット

50~60cmの洋裁用の薄い定規(方眼定規がおすすめ)

メジャー

アイロンで消えるペン

文鎮(手ごろなサイズの石で代用可)

アイロン・霧吹き・アイロンマット

鉛筆又はシャープペンシル(0.5以上がおすすめ。製図用のロットペンも良)

______以下は必要に応じて買う________

(ミシン)

(ロックミシン)

(カーブルーラー)

(L尺)

布以外に必要な材料(付属資材)

製図用紙(洋裁パターン用のハトロン紙)

ミシン糸

______以下は必要に応じて買う________

接着芯

ホックやボタン + 手縫い糸

ロックミシン糸

バイアステープ(共布で作成可能)

ゴム

しろも・あかも(しつけ糸)

洋裁の印しつけに使う用具・方法の解説(切りじつけの仕方)について
洋裁をするにあたって、必ず必要になる作業である「印しつけ」。 布上に縫い合わせる場所の印をつける作業を、この様に言います。 出来上がりの場所全部の線を全部印つけすると確かに分かりやすいですが、手間がかかるので重要なところだけつけると...

まとめ

以上ざくっと概略だけ記述しましたが、如何だったでしょうか。
洋裁とは何か?の理解の一助となりましたら幸いです。
詳細は具体的な事例から各ページに記述していきますので、そちらをご覧下さいね。

タイトルとURLをコピーしました